2007年12月06日

自分でローストしてみました。

You Tubeで自宅で小鍋を使って豆を焙煎している動画を見て、同じよう

に素人ながらローストに挑戦してみました。これをやるのは実際2回目

なのですが、前回やったときはあまりにも長い時間加熱しすぎて、

豆も真っ黒でとてもエグい味になってしまいました、、、。今回はわれ

ながらうまくいったほうだと思ってます。

DSCF0032.JPG

まずは生豆を用意し、欠点豆を取り除くハンドピックをしてみました。
本を参考にしながら目でわかる範囲、可能な限り欠点豆を取りました。

この生豆はオーガニックのコーヒー豆を扱う店で数日前に購入したの
ですが、メキシコ産の豆だったと思います。

DSCF0124.JPG

ネットやコーヒーに関しての本で調べた結果、およそ150〜200g
で12人前とあるので、ここでは2人前25gくらいの生豆を使いました。(ハンドピックした後)

DSCF0127.JPG

豆を小鍋に入れて、中火くらいで加熱していきます。鍋を楕円を描くように動かします。12、3分もすると煙も出てきて色も黒っぽく変わっていき、パチパチっと音を立ててきました。

DSCF0128.JPG

先ほどから4〜5分ほど加熱すると、豆も黒に近くなってきたので
この程度で火を止めてみました。かなり色ムラができてしまいました。
豆全体に均等に火が通らなかったのもあるし、火力がまだちょっと強かったのでしょうか。

DSCF0129.JPG

4,5分ほど豆を乾燥させたあと、再び欠点豆を抜きました。
浅煎りでもなく、中煎り、中深煎り程度の豆にしては濃すぎるため
深煎り程度でしょうか。火力も強く、加熱した時間も15分〜20分
の間なので、かなり豆の色も濃くなったのでしょう。



焙煎が終わった後ミルに豆を入れ、挽きます。どんな味のコーヒーに
なるかワクワク楽しみです。

PC050016.JPG

挽き具合は粗挽きにして、淹れる前に粒の大きいものは取り除くことに
しました。

PC050024.JPG

淹れたコーヒーを飲んでみると、深煎りだけど、苦味や酸味も少ない味

わいのコーヒーだけどコクもあるさっぱりとしたものになってました。

同居人の方にも飲んでもらったのですが、とても飲みやすいとのことで

した。欠点豆があまりなかったり、色ムラがあったりしてもそれなりに

飲みやすいコーヒーができるというのはオーガニックの豆ということも

あって、もともと煎りやすい豆なんだろうと思いますが、豆の色が変化

していく様子をみていると何気に感動してしまいます。特に煎りたての

豆の香りは最高ですね。今度は煎り程度を変えて挑戦しようと思いま

す。


応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


posted by beanwalker at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 焙煎に挑戦!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

寺カフェ

日本では、ネットカフェやらメイドカフェ、漫画喫茶といった

○○カフェというものがいろいろありますが最近は僧侶がバーテンダー

をしている「坊主バー」やお寺にオープンテラスを設け、お菓子やお茶

を楽しめる「寺カフェ」など人気があるそうです。

実にさまざまで驚きです。

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/071204/trd0712041651010-n1.htm

応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
posted by beanwalker at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

カフェ気分を味わえる一枚

JAZZのCDを買おうと思って、CDのジャケットを見て即買いして

しまったものですがこれはかなりいいです。調べてみたところこのシリ

ーズはすでに何枚も発売されており、カフェサウンドに革命を起こした

大人気シリーズらしいです。テンポのいい曲もあり、しっとりとした

素敵なジャズサウンドなど、コーヒー片手におしゃれな午後のティータ

イムを楽しめる一枚です。

DSCF0103.JPG

応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
posted by beanwalker at 01:15| Comment(8) | TrackBack(0) | コーヒーと音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深煎りコーヒーとチーズケーキ

コーヒーとお菓子の組み合わせについてですが、今回僕が試したのは

定番であるチーズケーキと焙煎が深いコーヒーとの相性です。

DSCF0108.JPG

DSCF00104.JPG

これはいまさら調べることでもなく、誰でもわかりきってることかもし

れませんが、二つの相性はやはりとても良いです。チーズケーキの甘さ

が深煎りコーヒーの苦味や渋さを和らげてくれ、ほとんど苦味を感じま

せん。チーズケーキならエスプレッソやマッキャートもかなり飲みやす

いものになると思います。

posted by beanwalker at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーとデザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

バールとカフェの違い

イタリアでは、バールという立ち飲みがメインだったり、カウンターで

軽くコーヒーを飲むタイプと座席に座って各々がゆっくりくつろいだり

できるカフェに分けられています。どちらもコーヒーを中心としたメニ

ューに軽食、アルコールメニューも取り扱っていますが、バールは

どこにでもあったり、カフェは繁華街にあるといったように異なって

いるようです。

posted by beanwalker at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | バールとカフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バリスタの役割

バリスタとは、カフェやバーなどでメニューを作っている人たちの

ことをいいます。日本では、バリスタはコーヒーを中心としたメニュー

を作る人たちと思われがちですが、イタリアではコーヒーだけでなく

アルコール類の飲み物も作ったりするそうです。イタリアではバール=

BARとカフェというのがあり、バリスタという言葉はBARでサービ

スを提供する人から由来しています。

バリスタには技能検定や世界大会などもあり、日本国内でも毎年大会が

行われていて、とても注目を浴びている仕事になっています。
posted by beanwalker at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | バリスタとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

VIENNESE BLEND

VIENNESE BLENDと呼ばれるコーヒー豆について書きたい

と思います。

DSCF0060.JPG

こちらの豆は以前記事で扱ったBRAZIL CERRADOよりもロ

ースト具合も長いため、DSCF0061.JPG

豆の濃さも全く異なっています。
DSCF0035.JPG

焙煎の度合いは8段階あるのですが、左側の豆はフルシティ〜フレンチ

間で(焙煎時間約21分〜23分)右のほうはミディアム〜ハイ(15

分〜18分)間だと思われます。

挽く豆の量はかなりアバウトにしてしまったのですが、ミルで数回

カットして細挽きにして、およそ大さじ2杯程度にして挽いた豆を

コーヒープレスで淹れました。

BRAZIL CERRADOと比べると淹れたコーヒーの濃さも

やはりかなり違っていました。

DSCF0036.JPG

DSCF0063.JPG

このコーヒーは酸味は全くありませんが、苦味と渋味がかなり効いてま

した。あまりコーヒーが好きではない人は苦手な感じもしますが、

香りもグーっと漂ってきてとてもコクのある味わいでした。これは個人

的には好きな味です。

ちなみにこのような深煎りの豆はアイスコーヒーを飲むときによく使わ

れます。





posted by beanwalker at 22:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

保存状態の悪いインスタントコーヒー

長らく放置しておいたインスタントコーヒーを飲んだ様子の記事です。

保存状態も悪く、水分を含んだいるためコーヒーの粉が固まってしまっ

ているようで、見た目も黒ずみの塊みたいになってます。このような

コーヒーは絶対おいしくないし、こうなる前に使い切るか、同じように

なったら捨てましょう。


どす黒い塊となったインスタントコーヒーを飲んだ
 先日、部屋の大掃除をしていたところ、棚の奥にインスタントコーヒーを見つけた。..........≪続きを読む≫
posted by beanwalker at 10:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近買ったTシャツ

先日、なかなかかっこいいTシャツ買っちゃいました。ビートルズの

有名なCDジャケットを真似たものですが気に入ってます。

DSCF0051.JPG
posted by beanwalker at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

コーヒーとの組み合わせ

コーヒーの味は焙煎の度合いによって違ってきます。浅煎りだと苦味が

減少して酸味が増し、深煎りだとその反対になります。デザートの場合

チョコレートのように苦味があり味も濃いものや、甘酸っぱいフルーツ

系やバターを多く使ったパウンドケーキなどいろいろあります。

基本的にバターなど乳製品を使用したお菓子がコーヒーとの相性は抜群

です。しかし、深煎りのコーヒーに甘みが弱く酸味

のあるイチゴを使ったショートケーキのような組み合わせだとコーヒー

の味のバランスが崩れてしまうかもしれません。また、浅煎り

のコーヒーにチョコレートを使ったお菓子だと、チョコレー

トの強い味にコーヒーの味が消されてしまうこともあります。

コーヒーの焙煎度合いにもよりますが、苦味のある

お菓子には苦味のあるコーヒーをという具合に類似

したものの組み合わせがベストです。

posted by beanwalker at 22:10| Comment(4) | TrackBack(0) | コーヒーとデザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。