2008年02月02日

シマノコーヒー大正館

クラシックな雰囲気漂う喫茶店です。自家焙煎のお店でしかもコーヒ

ーはサイフォンで淹れてくれます。ホームぺージで調べてみるとブルー

マウンテンやキリマンジャロ、スプレモ、オーガニックのコーヒー以外

にもエスプレッソ系のコーヒーやデザート、サンドウィッチなどメニュ

ーも豊富です。週末の午後などコーヒー片手に時間を忘れていつまでも

いられる喫茶店ではないでしょうか。



シマノコーヒー大正館HP

http://www.koedo.com/taisyoukan/

応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
人気ブログランキングへ
posted by beanwalker at 12:34| Comment(1) | TrackBack(1) | Coffeeの動画あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

カプチーノを作ってみました!!!

以前直火式エスプレッソメーカーを使ってエスプレッソを作ったのです

が、今回ミルクファーマーを使いカプチーノに挑戦してみました。

まずは直火式エスプレッソメーカーでエスプレッソを作ります。

DSB_0019.JPG

エスプレッソメーカーを加熱している間にミルクフォーマーでミルクを

作ります。エスプレッソマシーンのスチームノズルのように蒸気で瞬時

にいれられないので、きめ細かさは若干劣るかもしれないですが、ミル

クフォーマーでもふわっと泡立ったミルクになります。ミルクを入れて

ノブを上下に素早く数回動かします。ある程度泡立ちがよくなったら止

め、

DSBB0004.JPG

DSCBB0001.JPG

先に沸騰したエスプレッソをグラスに注いだ後にミルクを注ぎます。

DSBC0056.JPG

DSBC_0052.JPG

それとなく本格的なカプチーノができたと思います。実際飲んでみても

それなりにおいしく仕上がっていました。

今度はラテアートに挑戦します手(チョキ)

応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
人気ブログランキングへ
posted by beanwalker at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

自分でローストしてみましたーその2−

今回は焙煎度合いを変えて挑戦してみました。素人ながらの焙煎なの

で、完璧とはいきませんがまだ数回目ということで、、、。使用した豆

は前回と同様メキシコのオーガニックの豆ですが、今回は中煎りぐらい

にしてみました。

豆はまず、形の悪い豆や色の悪い豆を取り除く作業を自分の目でわかる

範囲で、できるだけ取り除いて鍋に入れる豆の量は50gほどに使いま

しました。

DSCB0003.JPG

鍋に豆を入れて加熱します。今回は火力を弱めにして、中火くらいで

加熱しました。最初の方はゆっくりと鍋を前後に振りながら加熱しま

す。

DSCB0004.JPG

数分たつにつれ、だんだんと豆の色も変わってきます。

DSCB0005.JPG

5分ほど加熱してくると、茶色に近くなってきます。

DSCB0006.JPG

煙が出始めて香ばしい臭いがしてきました。そして、パチパチッと音を
たてるようになります。(豆の色が均等に通るようにするため、鍋を
すばやく振るようにします。)

DSCB0007.JPG

DSCB0008.JPG

15分ほど加熱した後火を止めて、ドライヤーなどで即座に冷やします。(余熱でも焙煎が進むようなので、、)

触れて熱くないくらいになったら再びハンドピックをして、欠点豆を取り除きます。

DSCB0010.JPG

仕上がりとしては中煎り〜中深煎りぐらいになったと思います。以前の

ものと比べても煎り具合が薄く仕上がっています。この豆を挽いて実際

にコーヒーを飲んでみます。

DSAB0009.JPG

DSBC0129.JPG


豆の量 15gより多めで17〜8gほど

挽き具合  中細挽き
(写真ではみずらいですが、、。)
DSAB0002.JPG

淹れ方 ペーパードリップを用います。

淹れたコーヒーの感想
香りは独特ですが、とてもおだやかな香りがしました。コーヒーを口

に含むとまず甘い〜と感じる味わいですが、その後にくる軽やかな苦味

が印象的でした。その反面酸味やコクはあまり感じられなかったような

気がしました。

DSAB0011.JPG

鍋でローストするポイントは水平の状態で鍋を前後に振ることと、火力

調整をよくすることだと思います。音がパチパチッと立てるように

なったら鍋を火に近くならないようにするといったことがあげられま

す。僕はドライヤーを始める前に用意し忘れたため、すぐに冷やせなか

ったというミスをしてしまいましたが、、、。自分好みの味を作れるま

でがんばります。

応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
posted by beanwalker at 23:03| Comment(2) | TrackBack(1) | 焙煎に挑戦!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

妊婦のカフェイン摂取は流産リスク高める、米研究



妊婦の方はあまりコーヒーを飲んだり、カフェインを大量に摂取するの

は安産のためにも避けるべきですね。カフェインは取りすぎると体に有

害にもなりうるのでコーヒーもほどほどに飲むべきです。
posted by beanwalker at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

豆を挽くときの注意点

豆を挽く上で気をつけたい点はまず、コーヒーを淹れる直前に

挽くこと
です。これは、コーヒーの豆はいったん粉になって

しまうと表面積が増えた分空気との接触面が広がり、酸化が進んでしま

い、豆の中の揮発成分が空気に溶け込みようになり、芳香が失われてし

まうからです。

次に粗めに挽いて量も多めに使うようにします。ドリップで淹れる場

合、粒度を均等にして粉の量を20〜30%増やすと味が安定して、ま

ろやかになります。

成分の抽出は粒度と時間で決まり、粒度が細かければ細かいほど、時間

が長ければ長いほど、粉の成分は多く抽出されます。ただ細かく挽くと

タンニンなど抽出したくない成分が抽出されてしまい、渋味が増してし

まいます。やはり、粗めに挽き分量を多くして、温度も若干低温度で抽

出すると良いです。

挽く時にはバラつきを抑え均等になるように挽きます。粉が大きかった

り、小さかったりすると味のバラつきにもなります。挽く際に使うミル

にもよりますが、手挽きミル等はゆっくりと挽くようにします。(摩擦

熱がコーヒー粉を変質させ嫌な苦味などを出すため)

また、手動でも電動のミルでも使用するたびこまめに掃除するのも

大切です。


応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

ラベル:コーヒー豆
posted by beanwalker at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

コーヒーの三大種

コーヒーの木はアカネ科に属する多年生の高木であり、主に栽培する

種類は2m程度に刈り込まれます。(野生のだと6〜8mほどになる)

アカネ科コーヒー属はおよそ40種類もあるのですが、そのうち栽培さ

れる種類はアラビカ、リベリカ、ロブスタ種の3つに分けられます。

生産の割合としては、アラビカ種が全体の7〜8割、ロブスタ種が2〜

3割ほどで、リベリカ種は今現在の生産量は皆無です。(品質もあまり

良くないため)

アラビカ種はエチオピア原産ですが、高地で生産され風味や香りに優れ

ていて、レギュラーコーヒーなどに使われます。

ロブスタ種はというとコンゴ原産で、熱帯地方の低地で栽培され、成長

が早く病虫害に強い特徴を持っています。独特の香りと苦味を持ち、

ストレートではしばし個性が強すぎるものです。インスタントコーヒー

の増量材やリキッドコーヒー、アイスコーヒーに使われます。


応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
posted by beanwalker at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | DID YOU KNOW???? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

コーヒーチェリーの収穫

コーヒーの果実を手作業で収穫している様子です。こちらはコスタリカ

の農園ですが、生産者がこのような大変な作業をしているのを知ると

美味しいコーヒーが飲めることはほんとに幸なことですね。

ちなみに収穫法は大別して2つあり、こちらのコスタリカの農園のよう

に手で掴み取る方法(主にアラビカ種生産国)と樹から実をはたき落と

す方法(ロブスタ種生産国)があります。


posted by beanwalker at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Coffeeの動画あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベトナムコーヒーの淹れ方

今ひそかに人気のあるベトナムコーヒー動画です。甘くておいしそうで

すね。



※ベトナムコーヒーはコーヒーの淹れ方の一種で、アルミニウムまたは

ステンレス製の、底に細かい穴を多数開けた、フランス伝統の組み合わ

せ式フィルターを使って淹れる。このフィルターは、通常カップに乗せ

る平たい部分、湯を受ける筒状の部分、筒の中に入れるフィルターとい

う3重の構造で、それぞれに細かい穴を開けて、粉砕した豆がカップに

落ちないように作られているが、どうしても粉状のコーヒーが穴を塞ぐ

形となって、簡単には湯が通らない。このため、抽出には5分から10分

程度の時間がかかり、また、たくさんの湯を受ける大きさとなっていな

いため、濃く抽出される。ぽたぽたとコーヒーが落ちる様子から、この

スタイルの淹れ方を、中国語で滴滴咖啡(ディーディーカーフェイ)と

呼ぶことがある。

そのままでは、苦いため、cà phê sữa(カフェ・シュア)と呼ぶ、ミ

ルクコーヒーにして飲むのが普通である。しかし、生乳は使わず、コン

デンスミルクを用いる。また後で加えるのではなく、あらかじめカップ

の底にコンデンスミルクを入れておき、その上からコーヒーを淹れ、飲

む際にスプーンでかき混ぜる。濃厚で甘く、コーヒーキャンディーをな

めている時に近い味を覚える。

(Wikipediaより抜粋)




posted by beanwalker at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Coffeeの動画あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

McCafe

ファーストフードといえばマクドナルドですが、マクドナルドの本国ア

メリカではメニューにエスプレッソ、カフェ・ラッテなどのコーヒード

リンクを提供するようになるそうです。McCafeなるものを既存の店舗内

に設け、客が長居できる、くつろげる店へとシフトチェンジするようで

です(またアメリカのカフェはホットスポットの店(インターネットが

利用できる)が多くため、マックでもそのような店が急増してい

る。)

加えて店舗の内装、照明、BGMも誰でも気軽に入れて各々がリラック

スできる空間を作りだすみたいです。

マックとしてはコーヒー市場の最大手であるスターバックスに対抗しよ

うという狙いがあるようです。今年中に各店舗にバリスタを派遣し、エ

スプレッソマシーンを導入する予定を立てています。

マックといえば、ハンバーガーとポテトが売りだった店なだけにどうな

んでしょうか。ただ、ファーストフード文化=アメリカだけに飯が食べ

れてそこそこおいしいコーヒーが飲めれようならスタバにとっては痛手

になるのではと個人的に思います。


記事(英語です。)
http://articles.moneycentral.msn.com/Investing/Extra/McDonaldsBringingOnTheBaristas.aspx

動画(こちらも英語です)
A Latte with that Big Mac?
A Latte with that Big Mac?



応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
posted by beanwalker at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。