2007年11月07日

カリフォルニア発コーヒーチェーン

アメリカにはスターバックス、シアトルズベスト、タリーズといったコ

ーヒーチェーンが数多く存在します。全世界でコーヒー豆消費量が1位

の国だけあって(ちなみに日本は3位です)さまざまなカフェやチェー

ン店が存在するのは納得できる事実でありますし、生活に深く浸透して

います。

その中でもカリフォルニアで生まれたThe Coffee Bean&Tea Leafという

チェーンがあります。こちらは1963年に創業し、コーヒーと紅茶を

扱っている老舗です。カリフォルニア、ネバダ、アリゾナ州をはじめ、

国外では中国、韓国、インドネシア、フィリピンやサウジアラビア、エ

ジプト、イスラエルやオーストラリアの15カ国以上の国で200以上

の店舗を構えています。アフリカや中南米の1800m以上にある高地

にある小規模の農園や大農園で栽培された豆などを取り入れているそう

です。また、コーヒーだけでなく紅茶やウーロン茶、緑茶も取り扱って

います。カリフォルニアでは、スターバックスとコーヒービーンで人気

を二分しているという話も友人から聞いたり、どちらも街中でよく見か

けることもあって分かれているのかもしれません。以前ラテを飲んだの

ですが、個人的にはアメリカンテイストが残った苦味も少ない、軽い感

じのさっぱりした味わいのような気がしました。もしLAに行くときが

あったら立ち寄ってみてください。

試しにVIENNESEとBRAZIL CERRAZOという豆を購入してみました。

DSCF0039.JPG

DSCF0037.JPG


この二つを使って、淹れた様子やおいしさを近日アップしていきたいと

思います。

https://coffeebean.com/index.aspx
posted by beanwalker at 00:35| Coffee Bean & Tea Leaf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。