2007年10月29日

最適な環境とは、、、

アラビカ種
1000m〜2000mの高地で霜害のないところ。

ロブスタ種
1000m以下の熱帯低地でも栽培できる。
高温多湿に適応できるから。

高地で生産されればされるほど、質の高いものとされている。
中米では高度差で豆の評価を下すこと実際にやっているようだ

なぜ、高地産がいいのだろうか??

それは、気温が低地よりも低いため(平均15〜25度)コーヒーの実が時間をかけて熟すからである。

主に平均20度前後で降雨量も年平均1500〜2000mm程度、
霜が降らない地域がいいらしい。

また、水はけの良い湿り気のある土壌も条件として適している。

これらの要素がコーヒー苗を栽培する上で適している条件のようです。
posted by beanwalker at 23:47| 良いコーヒー豆を生み出すには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。