2008年02月22日

PERU La Joya De Cusco

コーヒー生産地帯の中心ともいっても過言ではない南米のブラジルやコ

ロンビア。これらの主要な国には生産や流通量で劣っていますが、ペル

ーでもコーヒー豆は生産されています。

自分自身もコーヒーといえば南米ではブラジルとコロンビアくらいしか

思いつかなかったし、ペルー産の豆があることは初めて知ったので、ど

のようなものかと思って買ってみました。なので実際に入れて飲んでみ

ました。

DSCF0004.JPG

開封して豆を見てみると表面が脂っこくて、手で触るとヌルヌルっとし

ていました。生豆に含まれていた油脂分だと思われます。

DSCF0307.JPG

袋のラベルにはDARKと記載されていましたが、そんなに濃い茶色っ

ってわけではないので、豆は中深煎りのくらいでハイ〜フルシティ程度

の度合いに見えます。

使用した豆の量

18g〜20gほど。

挽き具合

中挽き

淹れ方

ペーパードリップでお湯はゆっくりと注ぎました。

DSCF0307 (5).JPG

コーヒーを飲んでみて、、

苦味が強いとか酸味があるわけでもなく、味にこれといって特徴もない

平凡なコーヒーです。唯一あげるとしたらのど越しがとても良いためゴ

クゴクとすぐに飲めてしまいます。多少の甘味を感じますが、このコー

ヒーは中間的というかバランスのとれたコーヒーです。


DSCF0306.JPG





posted by beanwalker at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー豆の産地や種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。