2008年08月24日

コナ・コーヒー

以前の記事でエチオピアファンシーというコーヒーを比べる記事を書く

つもりだったのですが、豆をすべて使い切ってしまい記事をかけなくな

ってしまったので新たにコナコーヒーを使って比べてみました。

コナコーヒーは言わずも知れたハワイ産の良質のコーヒーです。なおこ

のレポートは個人的な感想なので断っておきます。

          ドリップ          プレス
量          7g           7g
温度        208°F         208°F
湯の注ぐ早さ    ゆっくり          ゆっくり

評価        コク 4          コク 3
色         濃  3          若干薄2
味         苦味 3          苦味 3
          甘味 3          甘味 3
          雑味 1          雑味 1
          酸味 2          酸味 2
 大人の色気ただよう渋い香り   南国風のトロピカルな甘い香り


コナコーヒーはやはり上品なテイストのコーヒーであり、安定したコー

ヒーです。
posted by beanwalker at 15:14| Comment(52) | TrackBack(0) | コーヒー豆の産地や種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わが街のスタバを救え!全米各地で存続運動

米コーヒーチェーン最大手スターバックスが米国内の600店舗閉鎖を

発表したことを受け、全米各地で「わが街のスタバを救え」と存続運動

が起きている。あちこちに店舗がある大都市部と違い、地方では「街の

中心的存在」と活性化の象徴にもなり、自治体当局が存続を要請してい

るところもある。「スタバキアン(スタバ派)」という言葉も生み出し

た人気の背景を探った。

 ニューヨーク市マンハッタンから車で約50分。ニュージャージー州

ニューアーク市の目抜き通りに位置するスターバックスの店内には「わ

れわれのスタバを救おう」と存続要望の声をスタバ側に送ることを呼び

かけるチラシが置いてあった。同店はスタバが公表した閉鎖予定店舗の

リストに載っている。

 市教育委員会に勤めるパメラ・シムスさん(51)は毎日訪れる常連

客の1人。「味がいいから、ここ以外でコーヒーを買うつもりはない。

ブッカー(ニューアーク)市長がスタバを説得してくれるのを期待して

いる」と話す。

1960年代に連続したアフリカ系住民の暴動などで住民や企業

が 移転し、荒廃した同市は90年代からようやく始まった復興計画の

途上にある。“コーヒー最強ブランド”のスタバは地域活性化の象徴と

とらえられており、市当局はスタバ本社に存続を検討するよう要請。地

元のスターレッジャー紙も「店を存続させることが“地域への貢献”と

いうスタバの企業理念にかなうのではないか」との主張を掲載した。 

 薄めのコーヒーが主流の米国に味わいを楽しむ濃いめのコーヒーとく

つろげる空間を提供して急成長したスタバだが、この数年は過剰出店や

マクドナルドなどファストフードチェーンとの競争が激化、陰りが見え

ていた。

 「われわれのスターバックスを救え」というサイトを開設したミネソ

タ州在住の自営業、ポール・コマーディさん(45)は「爆発的な反響

があって驚いている」と話す。米各地のほか、やはり大規模な閉鎖が発

表されたオーストラリアからも書き込みが相次いでいるという。

 ただ、ミズーリ州のカンザスシティー・スター紙は「スタバの進出で

地元のコーヒー店が追い出された」と指摘。ニューヨーク・タイムズ紙

は「(スタバがなくなることで)普通の街でなくなることを恐れる人が

いる。普通というのがちょっと高めのコーヒーを買う余裕のことをさす

のなら」と皮肉った。

(ヤフーニュースより引用)

スタバも店舗を過剰に拡大しすぎたため、このようなことになってしま

ったのではと思います。ファーストフード化しないでこのままブランド

の価値を大事にしていってほしいですね。


posted by beanwalker at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

ブラック・ルシアン

コーヒーはアルコールと相性が良いともいわれています。ここではブラ

ック・ルシアンというアルコールのレシピを紹介します。コーヒーの風

味をいかすためにウォッカを使います。

ウォッカ-----------------40ml

コーヒーリキュール-------20ml

氷-----------------------適量

(一人前)

<作り方>

まずカクテルグラスなどに氷を入れ、ウォッカとコーヒーリキュールを

入れて混ぜます。

※コーヒーリキュールに関してですが、カルーアという黄色いラベルが

貼ってあるボトルやティア・マリアというブルーマウンテンとラムが混

ざったものがあります。市販で購入できると思います。




posted by beanwalker at 15:23| Comment(1) | TrackBack(0) | これが飲みたい!!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

エチオピア・ファンシー

ピーツ・コーヒーでエチオピア・ファンシーという豆を購入しました。

エチオピアの豆は最も好きなコーヒーなためなのとファンシーというネ

ーミングに惹かれて買ってしまいました(笑)

エチオピアはコーヒー発祥の地として現在でも高い品質のコーヒー豆を

生産しています。

ASCF0170 (1).JPG
(画質が悪くてすみませんふらふら

こちらはエチオピアでも有名なコーヒーの生産地域であるシダモ産のも

ので、1/2パウンド(227g)で約$7ほどです。

香り豊かでコクがあり、ほどよい酸味があって甘さもあるのがこの地方

の豆の特徴です。

ということでドリップで淹れたコーヒーとプレスで淹れたコーヒーを

飲み比べてみようと思います。

そのレポートは次の記事に掲載いたします。

posted by beanwalker at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー豆の産地や種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

ピーツ・コーヒー

アメリカにはファーストフード店があちらこちらに存在しますが、コー

ヒーチェーン店も同様に数多くあるように思います。その中でも老舗の

一つであるのがピーツ・コーヒーです。創業者のアルフレッド・ピート

の父は焙煎業を営んでおり、彼もまた商業向けのコーヒー豆の輸入業を

サンフランシスコで行っていました。戦後まもなくの頃、彼はアメリカ

で飲まれていたコーヒーの味気もなく平凡な味のコーヒーに嫌気がさし

たのがきっかけで、質の高い味にこだわったコーヒーショップををカリ

フォルニアのバークレイという町に一号店をオープンさせたのです。彼

は量より質にこだわり、新鮮で良質な豆をつくることを重視し、焙煎も

より濃く深いめに仕上げることで、香り高く、濃厚でコクのあるといっ

た深みのある味わい深いコーヒーを追求していました。そのためまたた

くまに多くの人々でにぎわう人気店となり店舗を拡大させていったので

す。スターバックスも創業したてのころはピーツから豆を供給していた

ようです。そして、今日にいたるまで一杯のカップのコーヒーにこだわ

った品質を保ち続けているようです。

ピーツのこだわりは通常焙煎機を使って多くの豆を焙煎しますが、人手

をつかってバッチなどで豆をあぶっている手法を用いたり、カッピング

のさいに何度も何度も味を確かめ調整していたりといったことが大きな

特徴のようです。

DASCF0002.JPG

posted by beanwalker at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー豆の産地や種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

モカが消える?!

すっきりした酸味で国内でも人気の高いコーヒー豆「モカ」の販売を休止するコーヒー業者が相次いでいる。輸入の98%以上を頼っているエチオピア産から基準値以上の残留農薬が検出され、厚生労働省が事実上、輸入にストップをかけている。再開のめどはたっておらず、喫茶店やスーパーの店頭などからモカが今後、姿を消す可能性もある。また、「ブレンドコーヒーの味が変わってしまう」と困惑する声も上がっている。

 業界トップのUCC上島珈琲(神戸市)は今月中旬、モカを使った業務用商品の販売を停止し、ブレンドコーヒーの一部もモカ以外の豆で代替し始めた。また、喫茶店チェーン「珈琲館」(東京)は17日からモカのネット販売を休止した。

 発端は、4月下旬、エチオピア産コーヒー生豆から基準値を超える殺虫剤成分の検出が続いたこと。健康に影響を及ぼす値ではなかったが、原因が豆か、豆を入れる麻袋に付着していたのか特定できず、厚労省は5月9日から検査を強化した。

販売業者や商社などでつくる全日本コーヒー協会(東京都)は6月、現地に調査団を派遣。麻袋から残留農薬を検出したものの、原因は特定できなかった。エチオピア側は「日本は細かすぎる。他の国は何も言ってこない」などと主張。厚労省は「エチオピア政府が原因究明や検査の充実に努めない限り、日本側も対応のしようがない」として、輸入を停止させたままだ。

 モカは、ブレンドコーヒーの定番品目だけに、業界関係者や愛好者は「ブレンドの味が変わる」と戸惑う。UCCは「モカの風味に似た代替の豆を喫茶店などに提案している。安全性が確認されるまでモカを使うわけにはいかない」と話す。

 喫茶店「アラビヤコーヒー」(大阪市中央区)を経営する高坂明郎さん(52)は、「モカの在庫はあと1、2カ月。このまま入荷できなければ、モカを提供できなくなる」とあきらめ顔だ。

(ヤフーニュースより引用)

ブレンドする上で重要な役割を果たすモカが出荷されないとなると、

コーヒーを扱う店にとってはかなりの痛手です。我々日本人にとっても

おなじみのコーヒーであるモカだけに早急に原因が究明さ

れ、輸入再開されるのを望みます。
posted by beanwalker at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

コナコーヒー −その2−

さて、このおいしいであろうコナコーヒー実際淹れてみましたわーい(嬉しい顔)

とてもワクワクしますねー。まずは、二人分淹れるため分量は14gで

すが、より多く計量スプーン(自分のは一杯7gです)で豆を取り、形

や色の悪い欠点豆を取り出します。

ASCF0108.JPG

欠点豆を取り除いた後の分量を14gにします。

ASCF0109.JPG

豆は中粗挽き程度に挽いた後にドリップ方式で淹れます。2〜3度お湯

を注いだらドリッパーをはずし、スプーンでかき混ぜたらコーヒーをカ

ップに注ぎます。

どことなく南国の温暖な気候を感じさせる香りで、とても深いコクのあ

るコーヒーです。ブレンドされているため酸味ものど越しが良く、苦味

はほぼなくてほのかな甘味がとても印象的です。このようなクウォリテ

ィーの高いコーヒーを飲めて幸せでするんるんみなさんぜひ一度お試し

あれ。

ASCF0106.JPG


posted by beanwalker at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー豆の産地や種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

ハワイ コナブレンドーその1−

ハワイのコナ地方で作られているこのコーヒーは日本でも人気があり、

高級なコーヒー豆として知られています。とても酸味があるのが特徴で

ブレンドにもよく使われます(ほど良い酸味を出すため)。

欠点豆の混入率も少なく、大粒で、深く煎っても味のバランスが崩れな

いのも特徴なようです。僕が購入したのもそうですが、主にブレンドさ

れているものが多いです。

mame2.JPG

この豆は中煎り(シティ〜フルシティロースト)くらいだと思います

が、焙煎の度合いもムラがなく鮮やかに見えました。表面は油脂が豊富

で非常に香り豊かです。

どんなおいしいコーヒーなのか楽しみです。続きはその2でかきます。


posted by beanwalker at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー豆の産地や種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タリーズコーヒー、エスプレッソを使った夏季限定コーヒーゼリー!!

久々にブログ更新です。だいぶ怠けてしまいましたふらふら

まずはとびきりおいしそうなニュースです。

タリーズのこの夏限定で、エスプレッソを使ったコーヒーゼリーにアイ

スクリームを載せ、淹れたてのエスプレッソショットをかけたデザート

「T’s アフォガートジェリー」を7月11日に発売するそうです。価格は

420円だそうです。

コーヒーゼリーにはエスプレッソ専用コーヒー豆「エスプレッソクラシ

コ」を使用し、コクと程よい苦味があるのが特徴で、上に載せるアイス

クリームは、数種類ある定番と季節限定のフレーバーから好みの1種類

を選べるようです。

(日経トレンディネットより抜粋)

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20080703/1016339/

これすごくおいしそうですねー。自分は日本にいないため食べれないの

が残念もうやだ〜(悲しい顔)甘味もさっぱりしてるなかで苦味も楽しめそうで夏の定

番になりそうですねー。

タリーズHP
http://www.tullys.co.jp/
posted by beanwalker at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

新鮮なコーヒーと時間の経ったコーヒーの違い

久しぶりのブログ更新です、、。かなり怠けてしまって久々に記事を

書きますふらふら

さて、コーヒー豆も生鮮品なのでおいしくいただける賞味期限たるもの

があるのですが(2〜3週間ほど)、挽いたコーヒー豆が新鮮であるか

あるいはある程度時間が経ってしまったものなのかドリップで淹ればわ

かります。

まず、煎りたての豆を挽いた粉や買って日数の経ってないコーヒーは

ペーパードリップで淹れてみると挽いた粉が膨張したり、膨らむはずで

す。ASA_0027.JPG

その後徐々にコーヒーが抽出され、粉が陥没していくのですが

時間の経ってしまったコーヒー豆などを挽いて淹れるとこのように

DSCE0003.JPG

膨らみが全くなく抽出してもすぐに陥没してしまいます。時間の経って

しまったコーヒー豆挽いて飲むと気持ち悪くなったり、明らかに劣化し

てしまって嫌味がでてしまうので飲まない方がいいかもしれません。

僕は長くても一ヶ月位で終わらせるようにしてます。
posted by beanwalker at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリップで淹れる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。